ここに注目 iphone買取時のチェックポイント

新しいiphoneに機種を変更した場合、これまで使用したものが不要になることが多いです。こうした使用していないiphoneは買取をお願いすると予想以上に高値で対応してくれる場合があります。スマートフォンには主にアンドロイドとiphoneの2種類がありますが、iphoneは日本国内にとどまらず、世界的にも使用している人口が非常に多く、アンドロイドのスマートフォンと比べても高値で買取を行ってくれる場合が多いです。iphoneは最新の機種だけでなく何年も使用した後の古い機種でも実は高値で買取してくれる場合が多いのです。しかし使用した後のiphoneを買取してもらう場合にはいくつか気を付けなければならない点もあります。これはデータの削除や自分自身でつけたカバーなどの装飾品をはずことです。こうしたポイントを押さえるだけで買取の価格に大きく影響してくる場合があるためチェックしておくと良いです。

iphoneの買取の際にはデータ削除が基本

iphoneの買取を依頼するために最も重要なポイントとしてあげられるのがiphone内のデータです。iphoneはメモリーカードなどを使用せず、本体にデータが保存されているため、そのままの状態で買取に持っていってしまうとデータが残った状態でとなってしまいます。データが残っているとそこから個人情報が流出してしまう恐れもあるため、必ずデータはパソコンや新しい機種に移行後削除しなければなりません。またデータが残っている場合、買取業者がデータの削除等を行わなければならず、買取から販売までに手間と時間がかかってしまいます。そのため本来ならば高値で買取が可能であっても手間賃として買取額が下がってしまう可能性があるのです。折角買取を行ってもらうのであれば、少しでも高く買取を行ってもらいたいと思うのは当然のことです。そこでデータはすべて削除し購入当初の状態に戻しておくことをおすすめします。

iphoneの買取時には箱や付属品も一緒に

iphoneの買取を行ってもらう場合、極力買った状態に戻すことで査定の金額を上げることが可能です。iphone内のデータを削除することはもちろんですが、ケースや保護フィルムなどを装着している場合ははずしておくと良いです。また軽い汚れなどがついている場合はふき取っておきましょう。iphoneは比較的高値で買取を行ってくれる業者が多いですが、さらに高値での買取を狙うのであれば、付属品や箱を一緒に買取してもらうことで値段が大きく変わる場合があります。そのため付属品や箱などは使用しない場合でも取っておくと良いです。また新しい機種が出ると、これまで使用していた機種は必然的に古くなってしまうため、買取金額も下がる恐れがあります。そのため新しい機種が発売される前に持ち込むと良いでしょう。